第一章「感激、鳥肌レコーディング(`・ω・´)キリッ」

こんにち、こんばんわ、おはようございます♪マサです(。・ω・)ノ゙ 

4月7日「紅雅」レコーディングに行ってきました!

7,8日と本祭の交流会兼抽選会もあり、我「紅」からは、頭領、たけ、僕の3人で出陣です。

一度も運転せずごめんなさい(でも、道中雪降らせなかったから、許して(笑))

場所は札幌市東区にあるスタジオ!

10時からだったので、朝7時に出発・・・ ネムィ…(σω-)。о゜ゴシゴシ

迷いながらも、なんとかスタジオに到着!

始まる前のブースを撮らせてもらいましたv(。・ω・。)ィェィ♪

なんか超かっこいい~♪

みなさん(`・ω・´)キリッて感じです♪

すごいね~♪

ザ・レコーディングって感じです(笑)

この時点からワクワクしてま~すワクワク"o(・ェ・o))((o・ェ・)o"ドキドキ

いざ、レコーディングスタートです!

今まで、聞きなれたメロディーラインに生唄が入った瞬間、

ぞわって鳥肌がたちました 感激ッ(ノω・、)゚.+°

超かっこいいです!

しかも、僕がわからないようなところでもよりいいものと納得がいくまで、取り直ししたりと、随時すごいな~と

思いながら、見ていました。

妥協などをしないところが、プロって感じです(僕も見習わなきゃ・・・)

試行錯誤しながら、2時間のレコーディング終了、あっという間でした(´・ω・`) ショボーン

レコーディングの経験は初めてだったので、良い経験をさせてもらいましたm(_ _)m

完成版はもう少しかかるのでしばしお待ちを♪

早く聞きたいですね~(゚-゚*)(。。*)ウンウン

 

第一章「感激、鳥肌レコーディング」はこの辺にて・・・、次回第二章「手強かった交流会・抽選会」でお会いしましょう

それでは、まったね~ノシ